車を大切に使うために

車検をして安全性を再確認|カーライフが充実するサービス

修理

それぞれの値段

タイヤ効果をする時の値段をチェックしておくことで、費用計画を上手に行なうことができます。また、取り付けを行なう場所で費用が違いますから、相場を確認して早速交換をしていきましょう。

車輪

車と目的に合ったもの

燃費の良いタイヤや、走行なスムーズにできるタイヤに交換をすれば、ドライブや通勤がもっと楽しくなります。タイヤの正しい選び方を知って、質の良いタイヤを見つけていきましょう。

内枠と相場

自家用車

車検の費用は、車検の基本料と法定費用の二つで構成されています。基本料金の中には、24か月の点検整備代と検査代、代行手数料が入っており、法定費用に関しては、自賠責保険や印紙代、重量税が加算されています。ただ、これらの費用だけで収まればいいものの、車検の整備で不備が見つかった場合は、別途で支払わなければいけません。例えば消耗品である各種オイルの交換やタイヤの取り付け等は、プロの目で不具合を感じた時、交換をするよう促すことがあります。

車検の相場は、ディーラーだと法廷費用にプラス四万円が加算されます。整備が必要な箇所が多く見つかった時はそれを上回る10万円を請求されることになります。近年は民間の車検専門店があるますのでそこでも問題なく車検のチェックを行なうことができるでしょう。費用も安く、8万円が限度です。そして何も悪いところがない時は3万円以内で車検を終えることができるため、ディーラーよりも良心的だといえます。ただ、中には車検の整備を自分で行なうという人もおり、この場合は車検代行を使うともっと安く済ませられます。相場は大体法定費用にプラス1万円くらいでしょうか。フランチャイズの民間車検場よりもコスパが良いので、自分でできるならこっちのほうがお得です。なお、安く済ませるポイントとしては、オイル系やタイヤの交換を事前に済ませておくことでしょう。そうすると大まかなチェックだけで済むため、車検の時間も大幅にカットすることができます。一番は見積もりを取ってみて比較と検討をすることなので、まずは相談からしてみましょう。

カーナビ

性能が素晴らしい

今ではどの車にもカーナビが備え付けられており、なくてはならないものになっています。そんなカーナビも性能や評判で売れ筋が良い商品がいくつもありますから、カーナビ選びの参考にしましょう。